雑記

【持続化給付金】リラクゼーションサロン、エステで働くセラピストはもらえるのか?

こんにちは、ゆうや(@ytkt039)です。

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で多くのリラクゼーションサロン・エステも休業になっています。

業務委託で働いているセラピストは持続化給付金の給付対象なのか気になっている方も多いと思います。

結論からいうと給付対象になります。

■まず持続化給付金とは?

感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を 下支えし、再起の糧としていただくため、 事業全般に広く使える給付金を支給します。

法人は200万円、個人事業者は100万円 ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。 ■売上減少分の計算方法 前年の総売上(事業収入) – (前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

■業務委託セラピストの対象条件

確定申告をしている

ちゃんと確定申告をしていれば白色申告者や開業届を出していない場合も可能です。

ですが青色申告者、白色申告者では条件が異なってきます。

こちらの動画で分かりやすく解説してくれています↓↓↓

■青色申告者・白色申告者の条件の違い

【青色申告】前年同月比で売上が50%以上減少している事業者。
【白色申告】前年一年間の月平均売上から、今年いずれかの月の売上が50%以下

あくまで事業収入のみですので、別で給料所得のあるかたでも事業収入のみで算出して問題ないようです。

■ 給付額

個人事業者は最大100万円 ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

■売上減少分の計算方法

前年の総売上(事業収入) – (前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月) となります。

■申請スケジュール

4月27日に補正予算案が国会に提出され、30日に成立する見通しです。申請期間は補正予算成立翌日から令和3年1月15日迄になります。(電子申請の締切りは1月15日の24時まで)

■個人事業主による申請、必要書類は3つ

①本人確認書類
②2019年の確定申告書の控え
③減収月の事業収入額を示した書類(様式は問わない)

※今後、変化・追加の可能性があります

■最後に

今後進展があり次第更新していきたいと思います。
申請が始まりましたら、僕も申請をして進展をお知らせいたします!