雑記

強押し…強圧のコツは?。僕が乗り越えた方法。もみほぐし店で働くセラピスト。

はじめに自己紹介…!

現在、都内のリラクゼーションサロンで働いているアラフォー独身男です。

未経験からこの仕事を始めて三年半になりました。

この仕事を始めた頃、施術で一番の悩みは

強押し…強圧!

のお客様の対応でした。

三年半経ち、強圧希望のお客様の9割は対応できるようになりました。
初心者セラピストさんのお役に立てればと思い記事を書きたいと思います。

強押し、強圧とは?

文字通り強く押して欲しいと言うことではありますが、
効いている感覚が欲しいということです。

大事な三つのポイント

ざっくり言うと下記の三つ

・押す場所
・角度
・体重圧

押す場所

効くポイントをしっかり捉えることが重要です。
ポイントさえ押さえれば、少しの圧でしっかり効かせることができます。

最初は細かく筋肉で覚える余裕がないかもしれませんので、
おススメなのがツボです!

ツボといわれる場所をちゃんと捉えれば効きます。

はじめは効く場所をツボで見ると覚えやすいです。

角度

押す角度も重要です。
同じ場所を押してもちょっとした角度の違いで効かないことがあります。
押す面に対して垂直圧を意識します。

絵心がなくて申し訳ありませんが…笑

このようなイメージです。

このように面に対して垂直でないと圧が滑ってにげてしまします。

体重圧

押すポイントを捉えて、角度(面に対して垂直)を定めたら圧をかけていきます。

ここで重要なのは,手押しにならないようにしっかり体重圧をかけることです。

肩の力を抜いて、しっかり肘を伸ばして指先に体重をかけていきます。

丹田重心を意識すると良いです。

僕が参考にした動画はコチラ↓

リタジネン式 ツボ指圧チャンネルさんの動画は、
この仕事を始めた頃から今でも見て勉強させていただいています。